GUで買える最高のスウェット

当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

ミニマリストにおすすめのスウェットを知りたい

こんにちは、けい(@Kei199624)です。
GUのダブルフェイスビックプルオーバーはぜひともおすすめしたいスウェットです。

本記事の内容

  • ダブルフェイスビックプルオーバーの魅力
  • サイズ感
  • コーディネート

スウェットは、外着にも部屋着にもパジャマにもなる万能アイテム。

僕にとって冬服にスウェットは欠かせません。

そんなスウェットの中でもお気に入りは、GUのダブルフェイスビックプルオーバー

素材、着心地ともに理想的なスウェットでした。

今回は、そんなお気に入りのスウェットの魅力をお伝えしたいと思います。

読みたい場所をクリック!

ダブルフェイスビックプルオーバーの魅力

それでは、魅力をお伝えします。全部で4つです。

魅力4つ

  • 手入れしやすい素材
  • ツヤがありドレス要素のある見た目
  • パジャマにもできる着心地
  • 1990円という価格

それぞれ説明していきます。

手入れしやすい素材

僕は、しわになりにくいポリエステル素材の服好んで所有しています。

ダブルフェイスビックプルオーバーは、ポリエステルにレーヨン混を少量組み合わせた素材です。

  • ポリエステル78%
  • レーヨン16%
  • ポリウレタン6%

レーヨンはしわになりやすい素材ですが、16%では手入れに影響はありませんでした。

また、ダンボールニットという生地で、しわや毛玉になりにくく手入れがしやすいです。

乾燥機を使用していますが、乾燥後もしわが目立ちません。

ツヤがありドレス要素のある見た目

スウェットはカジュアル要素の強いアイテムです。

しかし、ダブルフェイスビックプルオーバーはつやがありドレス要素があります。

ドレス要素を含めると、おしゃれなコーディネートを組みやすいです。

着回しがしやすく、春や秋はトップスとして活躍してくれます。

冬はインナーとしても使えます。

パジャマにもなる着心地

ダブルフェイスビックプルオーバーはとにかく触り心地がいいです。

さらさらしていて、それでいてもっちり感があり伸縮性も抜群。

そして何よりも軽い。

寝ているときも重量感を感じず心地良く寝れています。

保湿性もあり、真冬でもパジャマとして使えています。

1990円という価格

なんと1990円という低価格で購入できます。

素材も、着心地もいいのにコスパ良すぎるアイテムです。

スウェットは迷わずダブルフェイスビックプルオーバーを選びます。

総合してこのスウェットを超えるものはないと思えるくらいいいアイテムです。

サイズ感

170cm63kgでMサイズを着用しています。

オーバーサイズのシルエットでほどよくゆったりとしています。

袖の長さにはゆとりがありますが、リブがあるのですっきりとした印象です。

横向きです。

横のシルエットも綺麗でカッコいいです。

おしりが、4分の3程度隠れる着丈です。

最後は、後ろです。

個人的に、好みの着丈です。

肩の落ち感や袖のふくらみも綺麗で、後ろ姿も様になります。

コーディネート

続いてはコーディネートをご紹介します。

僕は、ブラックとグリーンの2色を持っています。

外出コーデ

春秋はトップスにして、スラックスと合わせるだけで様になります。

ツヤ感があるので、スニーカーと合わせてもカジュアル過ぎることなく着まわしやすいです。

部屋着・パジャマ

着心地がいいので、ボトムスもスウェットにすれば部屋着やパジャマとしても使用できています。

ボトムスは、UNIQLOのストレッチドライスウェットパンツです。

このスウェットパンツは、なんとダブルフェイスプルビックオーバーと全く同じ生地・素材なんです。

同様にしわになりにくく、着心地もいいので重宝しています。

同じ生地・素材の上下なので相性も抜群で、セットアップで購入したかのようなカッコいいコーデになります。

まとめ:ダブルフェイスビックプルオーバーは最高のスウェット

今回は、GUの「ダブルフェイスビックプルオーバー」の魅力をお伝えしました。

本記事の要約

  • ダブルフェイスビックプルオーバーの魅力
    • 手入れしやすい素材
    • ツヤがありドレス要素のある見た目
    • パジャマにもなる着心地
    • 1990円という価格
  • サイズ感
    • 綺麗なビックシルエット
  • コーディネート
    • 外出コーデ
    • 部屋着・パジャマ

スウェットは汎用性が高く便利なアイテムです。

スウェットの買い替えで悩んでいる人はぜひダブルフェイスビックプルオーバーを検討してみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

読みたい場所をクリック!