【レビュー】画質が傑出!10.5インチVisionOwlのモバイルモニター

当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

記事の執筆は、ノートパソコン1台で行っています。

執筆するときは、複数のウィンドウを開くことが多いのですが、これがモニター1つだと閉じたり開いたりと手間に。

この手間を解消するためにモバイルモニターを導入しました。

購入したのが、「VisionOwl 10.5インチのモバイルモニター」です。

VisionOwl10.5インチモバイルモニターの特徴

  • 軽量小型で持ち運びやすい
  • 画質設定が豊富
  • 音量は充分大きく、イヤホンも使用可能

画質が良く、コスパに優れたモバイルモニターだったので本記事でご紹介します。

読みたい場所をクリック!

VisionOwlモバイルモニターの外観

数種類のモバイルモニターを手掛けるVisionOwlから発売された10.5インチのモバイルモニターです。

早速パッケージを開封すると本体と付属品がずらり。

付属品
  • モバイルモニター本体
  • USB-C to USB-Cケーブル(給電と映像転送可能)
  • USB Powerケーブル(給電のみ)
  • Mini HDMI Displayケーブル(映像転送のみ)
  • コンセントタップ

PCはもちろん、スマホやゲーム機とも接続できます。

製品本体を見ていきましょう。

折りたたみ可能な脱着式のマグネットカバーがついており、スッと立てることができました。

性能は以下の通りです。

サイズ長辺:23cm 短辺:16cm 厚み:0.9cm
スクリーン10.5インチ 解像度:1920×1080 IPS液晶
重量960g

PCと接続して画面をつけてみます。

「発色もよく、きれい」という印象でした。

IPSパネルなので多少の映り込みは見られますが、視野角と色の再現性は抜群です。

VisionOwlモバイルモニターの特徴

ここからは、VisionOwlモバイルモニターを2週間ほど使用してみて感じた、本製品の特徴を紹介していきます。

画質設定が豊富

VisionOwlモバイルモニターは、画質設定が豊富です。

横についてあるダイアルボタンを長押しすると、メニュー設定に。

  • 輝度(明るさ)
  • コントラスト(白と黒の比率)
  • 黒レベル(暗い部分の明るさ)
  • DCR(コントラストを自動で調節)
  • シャープネス(輪郭の強調)

以上の画質設定を行うことができます。

さらに、ダイヤルボタンを下に押すと色味の設定ができます。

  • 色温度(白と黒の色合い、暖色か寒色か)
  • 色相(赤や青などの色味の違い)
  • 彩度(色の鮮やかさ)

使う場所の明かりに応じて、画質をカスタムできるので便利です。

持ち運びできるモバイルモニターだからこそ存分に活用できます。

軽量で快適に持ち運べる

持ち運びは、快適です。

960gで軽量なうえ、10.5インチなので小型。

リュックにモバイルモニターを追加でいれても、そこまで重さは感じません。

また、typeC接続に対応したノートパソコンなら、「USB-C to USB-Cケーブル」1つで使用できます。

ケーブルを1つ追加で持ち運べば使用できるので、外に持ち出すこともストレスではありません。

音量は充分

音の大きさは充分でした。

音量は、0から100まで設定可能なのですが、20で丁度よいです。

映画を見るときなど迫力感を出したいときは、音量を上げると楽しめます。

持ち運ぶときは、イヤホンジャックを活用すれば、有線のイヤホンで聞くことができます。

また、モバイルモニターに接続しているPCやスマホ、ゲーム機に接続すれば無線イヤホンも使用可能です。

10.5インチVisionOwlのモバイルモニターレビューまとめ

VisionOwlの10.5インチモバイルモニターを使用してみた様子を紹介しました。

軽量小型で、画質も申し分ないモバイルモニターでした。

ぜひ参考にしてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

読みたい場所をクリック!