【ルームツアー】1人暮らし男性ミニマリストのお部屋紹介

当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

こんにちは!1K7.5帖に住む一人暮らしの男性です。

今回は、ミニマリズムを取り入れた僕の部屋のルームツアーをしたいと思います。

部屋で居心地よく過ごすために、次の3つを意識して部屋作りを行いました。

  • 不必要な物は持たない
  • 持続可能でシンプルに
  • 居心地がよく、家にいることがストレスにならない
読みたい場所をクリック!

【ミニマリストのルームツアー】メインルーム

大きさは、7.5帖

  • ソファスペース
  • ベッドスペース
  • デスクスペース

3つに分類しています。

以前はベッドスペースとデスクスペースだけで過ごしていたのですが、居心地が悪かったので、ソファスペースを作りました。

ソファスペース

サイドテーブルとソファを置いてあります。

ご飯を食べたり、映画をみて過ごしています。

また、ゆっくり読書したいときもここで過ごします。

IKEAのライトを使用しており、必要に応じて調光しています。

ベッドスペース

シングルベッド1つを配置しています。

マットレスはモットンマットレスを使用して2年です。

睡眠の質は、心地よい日々を過ごすために必要不可欠だと思ってます。

そんな睡眠道具を下の記事でご紹介しています。

デスクスペース

ワークスペースは、ラウンドテーブルとチェア、スツールを使用しています。

デスク上には文房具、アロマオイルが置いてあります。

スツールの上に、IKEAのデスクライトを配置しています。

パソコン作業や勉強をするときに活用しています。

チェアは、Yチェアです。

高価ですが、デスクチェアとしても長時間快適に座れ、インテリア性も高いです。

ライト

4つのライトを使用しています。

以前は、シーリングライト1つで部屋を照らしていたのですが、居心地が悪く、4つのライトを使用してます。

フロアライト2つは、部屋の雰囲気を変えることができ、居心地よくするのに大きな役割を果たしています。

クローゼット

クローゼットの中には、服や寝具、リモコンなどを置いています。

服は、日々選定してます。

トップスはすべてハンガーにかけて収納。

タオルやインナー、ボトムスは、ケースに収納しています。

毎晩かかさず使用しているストレッチポールも、クローゼットの中に収納しています。

電源

電源タップやルーターは、なるべく目立たせないように、アートフレームで隠しています。

全身鏡の裏には、アマゾンエコーを配置して、今日の天気や、ニュース、音楽を流しています。

【ミニマリストのルームツアー】洗面所

洗面所は、オールマイティーなタイプ。

髭剃りや保湿剤、ハンドソープなど毎日欠かさず使用する物だけを置いています。

洗面台の下の収納スペースには、掃除道具を入れています。

詳しくは下の記事で紹介しています。

【ミニマリストのルームツアー】キッチン

水切りかごは置かずに、ジョージジェンセンダマスクのティータオルを使用しています。

また、ガスコンロは撤廃して、ホットクックとオーブンレンジだけで料理を作っています。

ガスコンロ置き場には、洗濯乾燥機を置いています。

家事は、なるべく時間をかけずに行えるようにしています。

【ミニマリストのルームツアー】トイレ

トイレは、地面になにも置くことなく、掃除がしやすいようにしています。

棚には、流せるトイレブラシとトイレットペーパーの予備を配置しています。

【ミニマリストのルームツアー】バスルーム

バスルームも床には置いていませんが、浴槽の上にシャンプー、ボディーソープ、洗顔を置いています。

すべて詰め替え可能のポンプタイプを使用しています。

風呂上がり後に使う、水切りやブラシは吊るしていれば水はけ良し。

【まとめ】ミニマリズムで居心地よい生活へ

今回は、ルームツアーを行いました。

ミニマリズムを取り入れて自分に向き合ったことで、必要な物、好きな物に囲まれながら、やりたいことに時間を使う日々になりました。

これからも、楽しみながら居心地よく暮らせればと思います!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

読みたい場所をクリック!